Playdead『LIMBO』を徹底考察。必要な知識は「ダンテの神曲」

Playdeadのリンボ(LIMBO)は、モンスター級のゲームである。Playdeadは、目立った活動として、リンボとインサイドしかリリースしていない。それも、かなりの年数が経過している。

つまり、これらは今でも売れ続けていて、彼らに利益をもたらしているのだ。そして、急いで新作を作る必要もないのだろう。これは、期待しているユーザーにとっては悩ましい問題だ。

リンボとは?

f:id:maruyamapot:20211113223116p:plain

モノトーンで一切のカラーのない世界を舞台に、左右の移動とジャンプと、物を動かすアクションしかないシンプル操作のゲームがリンボである。初プレイでも、数時間もあればクリアできてしまう。そのストーリーは謎に包まれたままであるため、様々な考察を生んでいる。

公式:https://www.playdead.com/games/limbo/


リンボの意味は、「辺獄」とされる。簡単にいうと、地獄の一種である。

結論

「このゲームは、リンボにいる妹を救うため、死んだ兄が天国側から地獄を通過してリンボへ向かうのが目的である」

多くの解説サイトの説とは異なるが、地獄について調べると、このようにしか考えられない。ゲーム『リンボ』の世界に入る前に、まずは地獄を旅してみよう。
なお、神曲や地獄・煉獄に詳しいのならば、「『リンボ』の舞台」まで飛ばす事をお勧めする。

地獄を理解する

リンボが辺獄の意味であるならば、ストーリーの理解にはまず地獄の理解が必要である。

その理解の始めとして、ダンテの神曲に触れるのがよい。様々な絵画、小説、ゲームなどで神曲の内容が利用されており、内容に詳しい人も多い有名な叙事詩である。

神曲を簡素化すると、主人公が地獄⇒煉獄⇒天国と旅をして見てきたものを書いたようなものである。

参考:神曲 - Wikipedia

地獄、煉獄、天国の違い

このような世界観のベースは聖書である。しかし、聖書には地獄を階層的に説明している箇所はないとも聞く。神曲は聖書的事実に基づくものではなく、あくまでダンテの創作である点を忘れてはならない。

簡素化すると、それぞれこのような舞台である。

  • 地獄:悪い人が行く
  • 煉獄:天国行きの人が天国入りに必要な修行をする場所
  • 天国:よい人が行く。限られた聖人のみ直接入れる

地獄の海藻

地獄は、地上のどこかに入り口があり、下に向かって階層が分かれているとされる。
その階層は、以下のようである。

  • 地獄の入り口 アケロン川
  • 一層 辺獄=リンボ
  • 二層 閻魔様
  • 三層 暴食
  • 四層 浪費
  • 五層 怒り ←ここまでが上層
  • 六層 異教徒 ←以下は下層
  • 七層 暴力
  • 八層 欺瞞
  • 九層 氷地獄とルシファー

このゲームのタイトル「リンボ」は、地獄の第一階層に当たる。ならば、ゲームの舞台はリンボなのか?いや、そう簡単ではない。

地獄を抜けると煉獄

第九層の中心にはルシファーが半分氷漬けにされているらしい。その中心を更に下に抜けると、神曲の主人公は煉獄に入る。ここでは、「先ほどまでいたところを見ると、自分の足下で、ルシファーの足下が遠ざかっていく」と、上下が反転した描写がされる。これは、地球の中心を通過して反対側に出た事を示唆する表現とされる。ルシファーは、地球の最も深いところにいるらしい。

ただし、ダンテの時代はまだ地動説や天動説が定まっていない時代である。ダンテは、地球をボードゲームのような平面の世界と考えていたようである。しかし結果的に、地球が球体と考えていたかのような表現に読めてしまうという事のようだ。

煉獄とは

天国には、直接は行けないようだ。天国行きのほとんどの人々は、煉獄で現世の穢れを落とす修行を課され、それが済むと天国入りが許される。つまり、煉獄は天国に入るための一時的な居場所であり、地獄のように最終的な行き先ではない。

煉獄にも階層があるが、ここでは省略する。重要なポイントは、煉獄の入り口がテーヴェレ川であるという事だ。テーヴェレ川は、ローマに現実に存在する川の名前である。天国行きの人々はテーヴェレ川に集まり、そこから船で煉獄に入る。テーヴェレ川が煉獄の入り口であるという設定は、ダンテが、ローマが世界の中心と考えていたためだと考察されている。

神曲の解説は以上である。次から、ゲーム『リンボ』の世界を考察する。

『リンボ』の舞台

本作では、地獄の最下層から最上層に向かって冒険をしている。ゲームと地獄の階層を関連づけてみよう。

  • 煉獄側から川を渡る
  • 九層 蜘蛛はサタン
  • 七層 自殺と暴力
  • ガラスを割り下層から上層へ
  • 五層 虫:怒りで我を忘れる
  • 三層 回転刃:ケルベロスに引き裂かれる
  • 一層 リンボ:妹がいる

煉獄側から川を渡る

youtu.be少年は目を覚まし、川を渡る。川への道のりは落下を繰り返し、行く事はできるが、戻る事はできない。この川はテーヴェレ川である。この川の向こうに、地獄の最下層、九層がある。

九層 蜘蛛はサタン

youtu.be川を渡り、少年が出会う最初の敵は、巨大な蜘蛛である。この蜘蛛はサタン=ルシファーの化身を意味する。よって、この場所は地獄の最下層=九層となる。

七層 自殺と暴力

youtu.be

地獄の七層は暴力である。他人への暴力のほか、自己への暴力=自殺した者が行く場所である。ゲームでは、人間に襲われたり、ただ単に自殺していく人々が同時に登場する。この事から、ここが七層と分かる。

ガラスを割るシーン~五層 怒り

youtu.be

ガラスのドームを割って、下に進むシーンがある。この前後のシーンがちょうど、地獄の下層と上層である事から、このシーンの意味は、ガラスを割り、下層から上層へ移動していると理解できる。

地獄の下層は、より罪の重い者が行くとされる。ゲームではその境目が、ガラスのドームで区切られているという事だろう。

地獄の五層は怒りである。ゲームでは、謎の虫が付着して、進行方向を妨害される。ゲーム内でこの虫の正体は明かされない。地獄の五層と関連させると、虫の意味は「怒りで我を忘れる」と解釈できる。

三層 地獄の番犬ケルベロス

youtu.be

地獄の三層にはケルベロスがいて、人々を引き裂くらしい。ゲームでは、回転する大きな刃が少年を引き裂く。ここから、この場所が三層と解釈できる。

一層 辺獄=リンボ

youtu.be

地獄の一層は、まだ地獄内の行き先が未定な者がとどまる場所とされる。通常の罪人は、二層の閻魔様の裁きを受け、地獄内の行き先を決められる。つまり、リンボはそこにすら入る事ができていない者の集まる、特別な場所なのだ。

以前の聖書の世界では、辺獄の説明はなかったようだ。しかし、聖書を信じない者はどこに行くのか?という疑問が生じ、その説明として、地獄の入り口には辺獄があり、聖書を信じない者はそこへ行くのだという解釈が追加された。

(ここまでの参考)

https://ameblo.jp/kosmosskene-biosparodos/entry-12317340539.html

辺獄の凄い所は、キリストを信じない全ての者はここに囚われるという事である。つまり、キリスト教誕生以前の聖者までも、辺獄にいるとされる。

キリスト教がない時代には、キリストを信じようがない。にも関わらず、キリスト教誕生以前の人間は、たとえ聖人であっても天国には行けず、辺獄で過ごすのだ。恐ろしいシステムである。

結論の解説

このゲームで少年は、辺獄側から地獄の最下層に入り、最上層のリンボへ向かう。その根拠を解説する。

アケロン川ではなくテーヴェレ川

ゲーム開始直後に、少年は川を渡る。この川を、アケロン川と解説するサイトがあるが、それは間違いである。

アケロン川には、川の渡し守カロンがいる。しかしゲームでは渡し守はおらず、一人で渡る。この事から、これはアケロン川ではない。

ここをアケロン川と誤解すると、ゲームの始まりで「三途の川を渡って地獄に入る」という解釈になってしまい、少年は生きている説などが生まれてしまう。しかし、ここはテーヴェレ川である。

少年は、煉獄側から逆行して地獄へ入るのだ。ダンテの神曲で通った道順を、逆に進むのである。

テーヴェレ川を裏付ける展開

カロンがいないというだけで、ここがテーヴェレ川とは言えないという意見もあるだろう。しかし、「『リンボ』の舞台」で書いたように、川を渡って最初に出会う蜘蛛はサタンであり、地獄の九層から冒険が始まり、最下層から最上層へ向かっていく。

よって、この川はテーヴェレ川と断定できる。

少年は死んでいるのか?

少年は死んでいる。残念ながら、少女も死んでいる。
少年が神曲のように地獄の入り口から入らず、辺獄側から入ってきたのは、彼が既に死んでおり、天国側にいるからである。

そこから妹を迎えに行くために、煉獄の入り口まで落ち、地獄の最下層側から探しに行くというのがこのゲームのストーリーである。

生きているならば、辺獄側から入る理由はない。

仮に、少年は生きていて、地獄の入り口がどこにあるか分からないから、現世で場所がはっきりしているテーヴェレ川から入ろうとしたのでは?という説を検討する。

  • 一般に、テーヴェレ川を渡る本来の目的は、死後に現世から煉獄に行く事である。よって、生きている人間が地獄に入る目的でテーヴェレ川にやってきたのならば、川を渡る理由がない。(現世から川を渡ったら、着くのは煉獄である。)
  • また、ゲームの開始時に気絶している意味が繋がらない。彼は、天国側から煉獄の入り口まで落ちてきたのである。
  • 結果的に、この説の反証が、彼が死んでいる事を裏付ける事になる。

煉獄側からテーヴェレ川を渡ったら現世では?

その通りである。ただし少年は死んでいるので、ゲームでは現世を経由する事はなく、地獄に入れたのだろうと考えられる。

ゲームのラストアクション

youtu.be

ゲームのラストアクションで、少年はどうやっても、普通にゴールに着く事はできない。上空から落ちる反動を使い、ゲーム『ポータル』のような落ち反動アクションによってゴールを突き破り、妹のいる場所にたどり着く。

この、ガラスを破るようなゴールの演出は、辺獄が地獄の中でも特別なエリアであり、境界に守られ行き来が制限されている事と、三層から一層にショートカットするために境界を破ったという理由が考えられる。

妹のいる辺獄は地獄でも特殊な場所であり、罰を受ける場所ではない。罰もなく、移動もできない辺獄は、地獄の中では特別に隔離された場所だ。そこに行くために、壁を破って飛び込む必要があったのだろう。

歩いては到達できず、反動を使って飛び込む事で到達できるという演出は、そこが他とは異なる特別な場所である事を示唆している。

唯一の手がかり

Playdeadがこのゲームに使用したキャッチコピーは下記である。

Uncertain of his sister's fate, a boy enters LIMBO

引用元:https://store.steampowered.com/app/48000/LIMBO/

驚くことに、Playdeadの公式ページを見ても、この文章は見つからない。Playdeadは、このゲームの真のストーリーが解き明かされる事を先送りし、長くプレイヤーが楽しむ事を望んでいるのかもしれない。

和訳は不適切

ゲームサイトにおけるこの文章の和訳は不適切であり、ヒントにならない。この重要なフレーズを、ゲームの考察のために解釈してみよう。

前半:Uncertain of his sister's fate

ofの後はシンプルに、「彼の妹の運命」である。Uncertain ofは、英語的な表現であり、和訳が少し難しい。直訳すると、「彼の妹の運命の不確実さ」となる。

後半:a boy enters LIMBO

後半は簡単で、「少年はリンボに入る」となる。しかし、どこからリンボに入るのかは書かれておらず、ゲームの開始時がリンボなのか、向かう先がリンボなのかも分からない。

これは、Playdeadのプロデューサーが賢すぎるのだ。絶妙に説明不足にする事で、このゲームに大きな謎を生み、リンボにいるのか、リンボはゴールなのかすら判断できないのだ。

全文:Uncertain of his sister's fate, a boy enters LIMBO

前後を直訳して並べるとこうなる。

彼の妹の運命の不確実さ、少年はリンボに入る。

この直訳を見れば、日本語でのゲーム説明文が全く意味をなさない事が分かるだろう。2つの文章はピリオドで区切られず、カンマで1つの文章として結合されている。この点は、少年の行動を推察するヒントになる。

重要なのは、Uncertain=不確実さ

Uncertainという単語が、非常に重要だ。なぜならば、これこそが妹の居場所を表すからである。リンボ=辺獄の説明を思い出して欲しい。

リンボは、地獄の中で行き先の定まらない者がとどまる場所である。行き先が定まらない内は、永遠に辺獄から出られず、行き先が定まらないままとなってしまう。これこそが、Uncertain=不確実さの正体である。

このテーマからは重要な考察が導かれる。
つまり、妹がいるのはリンボ=辺獄であり、その場所が妹の運命を不確実な状態に拘束しているという事実だ。

そのような状態から妹を救い出すため、リンボに迎えに行くというのが少年の目的なのだ。

意訳

では、諸々を踏まえて、公式のゲーム説明文を情報量が減らないように意訳してみよう。

原文:Uncertain of his sister's fate, a boy enters LIMBO

直訳:彼の妹の運命の不確実さ、少年はリンボに入る。

意訳:リンボに囚われた妹を救うため、少年は旅立つ。

ラストの意味

妹は背中を向けたまま、背後に少年がやってきた事に気づく。その後、同じ場所が朽ちたシーンが映る。

youtu.be

このシーンにも多数の考察が存在する。しかし、このシーン以外のゲームの内容から、下記が既に確定している。

  • 少年は死んでいる
  • 少女はリンボにいるので、死んでいる
  • 少年はリンボに、妹を迎えに来た

つまり、このエンディングは、実は何も新しい情報を明かしていない。単に、少年が妹を無事に探し出せた、という事実だけのシーンなのだ。

重要なのは、これがハッピーエンドという事だ。行き先がなく一人寂しく過ごす妹を、少年は無事に探し出す事ができたのだ。天国側から迎えに来た少年の導きにより、妹は一緒に少年と死後の世界で暮らす事ができるという今後が示唆されている。

スタッフロールの後

推測でしかないが、あの場面は、二人とも死んでいるという事を表現していると思われる。二人が死んだ場所なのかもしれない。朽ち果てた状態は、彼らを弔う者が一人もいない事を示唆し、二人は唯一の身内であるという関係性を示していると考えられる。

他に身内がいないからこそ、少年は天国側から地獄の入り口まで遡って妹を迎えに行く。これが、「Uncertain of his sister's fate, a boy enters LIMBO」の意味である。

なぜ遡るのか?

  • 少年は死んでおり、天国側にいるから
  • 天国側から辺獄=リンボに行くには、神曲の道のりを逆に行くしかないから

ゲーム開始時の意味

少年は気絶しており、森の中で目が覚める。右へ進むとすぐに、川が見つかる。このシーンは、少年が歩いてここまで来たのではなく、煉獄側から落ちてきた事が考えられる。つまり、少年が死んでいる事を意味する。

ゲームの発端の考察

少年の生死を考える以前に、なぜ妹が辺獄に囚われている事を知る事ができたのかを考えてみよう。

少年と妹は、一緒に死亡したと考えられる。そして、共に死後の世界を旅するはずが、妹がいない事から、兄は自分一人が天国に向かっている事を知る。

残りは推測になってしまうが、彼らはまだ幼く、何も罪を犯していないであろう。そして、妹がまだ、聖書の神を信じていないか、そういった教育を受ける前という可能性がある。

他に身寄りがないとすれば、両親もおらず、神を信じるきっかけが妹にはまだ来なかったのだ。そのように都合良く解釈してしまえば、妹は地獄に行く理由がなく、天国に行く事もできないと兄が理解し、妹が辺獄にいる事を聖書的知識で理解したのかもしれない。

仮に、少年が生きている場合を検討する。少年が生存している場合、妹が辺獄=リンボにいるという事は判断しようがない。よって、物語が成立しない。

二人とも死んで、少年が一人で天国に向かっているという状況から、妹が辺獄にいるという考えが浮かぶのである。

ゲーム前後のストーリー

ここまでの考察をまとめて、このゲームのストーリーを書き出してみよう。創作である点をご理解頂きたい。

家庭環境

少年と妹は両親を亡くし、二人だけで生活していた。少年は親から習い、既に聖書を信じていた。しかし妹はまだ、そういった教育を受けていなかった。ある時二人は遊んでいる時に誤って死んでしまう。

死後

神を信じる兄は天国に向かうため煉獄へ入った。しかし、まだ神を知らない妹は、天国にも地獄にも行けず、辺獄に囚われた。それに気づいた兄は、妹を救うため、辺獄=リンボへ向かう事を決意し、煉獄の山を降り、再び煉獄の入り口であるテーヴェレ川まで落ちる。

ゲーム開始

煉獄山から落ちてきた少年は気絶し、やがて目が覚める。テーヴェレ川を渡ると地獄の最下層=九層に入る事ができた。そこでは、蜘蛛の姿をしたサタン=ルシファーが少年を襲う。

下層から上層へ

蜘蛛を倒すと、少年達から銃で撃たれたり、罠で殺されそうになる。自殺する者も多数いた。ここは自殺者の森である。地獄の七層に来たのだ。自殺者の森を過ぎると、ガラスのドームで道が終わっていた。少年はガラスを割り、下層地獄から上層地獄へ入った。

落ちてきた虫が付着すると、少年は同じ方向へ歩き続けた。強い日差しを受けると反対方向へ歩き続けた。この虫は少年に怒りを植え付け、我を忘れさせたのだろう。どうやらここは、地獄の五層のようだ。

ケルベロスの象徴

少年の行く先は回転刃があり、少年を何度も切り裂いた。回転刃はケルベロスを象徴し、ここが地獄の三層だと分かる。少年が最後までたどり着くと、そこには光の壁があり、どうしてもそこにたどり着く事ができない。

リンボへ

少年は重力の反動を利用し、光の壁へ勢いよく突入した。何かが粉々に割れ、少年は再び気絶する。

目が覚めた少年は歩き出し、妹の背中を見つける。妹は兄を見失い、自分の死んだ場所にとどまっていた。少年が近寄ると、妹は兄の気配に気づく。妹は少年に救われ、二人揃って天国へ向かった。

エピローグ

二人の死んだ場所には誰も訪れず、墓すらない。ただ朽ちていくその場所には、二人がいた事を示すものは何もない。二人は、永遠の楽園に旅立ったのだ。

まとめ

本作はストーリーの理解に地獄の知識が必要という観点から、ダンテの神曲に関連する部分を重点的に考察した。

ゲームやクリエイターからの情報が少ない作品では、様々な考察が生まれる。今回の記事も、様々な考察の一つとして楽しんで頂ければ幸いである。

youtu.be

余談:白と黒が象徴するもの

ゲームの世界はモノクロである。これは、地獄は色がない、闇の世界である事をイメージしていると思われる。

余談:妹なのか?

英語文化では、兄弟、姉妹の事を、Brother、Sisterとだけ表現しており、日本語のように、年上は兄、年下は弟と呼び分ける事はしていない。そもそも、それ用の単語がない。日本人からすると奇異に感じるかもしれないが、そういう文化なのだ。

よって、本作の説明文の原文のSisterが、姉なのか妹なのかは判断材料がない。区別する事が英語文化では重要ではないからである。(重要ならば、それ用の単語が必ずある)

しかしながら、妹でなければ、兄は天国に行けて、妹だけが辺獄にいるという事が説明できない。まだ聖書を知らないという理由付けをするには、彼女が妹であるほうが自然である。